カテゴリー
Goods

エアリズムマスクのつけ心地

2020年6月19日に遂に登場したUNIQLOのAIRism(エアリズム)。早速、有楽町にOPENしたてのUNIQLO 銀座店まで買いに行ってきた。

まだコロナが収束する気配が感じられない中、マスク不足は解消されたものの、平日の昼間も列ができるほどの大盛況でした。平日昼間は、サラリーマンが団体で昼休憩中にマスクを買いに来ていました。エアリズムマスクお渡しカウンターで受け取り、各自でレジを済ませるといった流れでした。
また、入り口はお花が売っていて、値段もUNIQLO価格で安いです。

帰り道は、OPEN記念で、UNIQLO限定BOSSをもらえました!

AIRismとは?

不織布やコットンのマスクとは一線を画す、なめらかな肌ざわり
「エアリズムマスク」は、“なめらかな肌ざわり”が特徴です。肌への接触面にエアリズムを用いることにより、不織布やコットンのマスクを身につけたときのような、ゴワつき、厚みなどを感じにくく、長時間着用しても肌ざわりの心地よさが続きます。

https://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2020/06/20061511_20ssmask.html
  • サイズ…S(子ども用)、M(女性用)、L(男性用)
  • 3枚 990円(税抜)
  • 洗濯可能
  • 紫外線90%カット
  • 飛沫拡散を抑え、細かい粒子をブロック

AIRismの使用感

Mサイズ(女性用)を実際使ってみました。UVカット効果があるので、ファンデーションはマスクの上の部分(ハイライト部分)のみにしました。

デザイン

白色一択で、非常にシンプルです。やわらか素材で、白のブリーフを連想させますが、つけてみると違和感はありません。肌面には「AIRism」のロゴがさり気なく入っています。

触り心地

エアリズムを着たことがある人はわかると思いますが、本当にサラッサラなので、夏に最適な素材です。息苦しさはありませんが、3重になっているせいか、やはり自分の吐息はこもります。

フィット感

大きさはというと、私は鼻が高くもなく低くもないのですが、鼻は小さい方で、ずれ落ちそうな気がしました。顎はしっかり覆われているので問題ありませんが、両小鼻の隙間から外の空気が入ってくるので、ウイルス防止効果はどうなのか不安がありました。マスクの高さを変えると、しっかりホールドされるのでズレてきたらマスクを上げるのがいいと思います。

ひも部分

耳にかける紐は、写真の通りゴムではないので、伸びきってしまう心配はなさそうです。サージカルマスク等、使い捨てマスクのような弱さはありません。

AIRismマスクは3枚入りなので、多すぎず、長持ちするアイテムなので、他のものと比べながら一緒に使ってもいいかもしれませんね。

アベノマスクよりも顔半分がしっかり覆われました。

結論、期待通りでした。コロナ収束後も、風邪をひいたら使う事になるので、このまま取っておこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です